MENU

閉じる

  • ホーム
  • 日向学院について
  • 朝の心
  • 今日の世界はあなたを必要としています
MORNING TALK

朝の心

今日の世界はあなたを必要としています

2017.10.20
朝の心

「誰からも愛されず、必要とされない心の痛み。これこそ最も辛いこと、本当の飢えなのです」というマザー・テレサの有名な言葉があります。かっこいいとか可愛いというものさしではなく、役に立つとか役に立たないというレベルではなく、誰もが生まれてきた以上、人として、いのちある者として、愛され、必要とされ、望まれてこの世にいるのです。

 

さて 先日皆さんに配られた「ドン・ボスコの風19号」の裏表紙に、サレジオ会総長フェルナンデス神父様の言葉が載っていました。今日はそれを紹介します。

「若者の皆さん、今日の世界はあなたを必要としています。世界中いたるところで、生きること、夢見ること、深い真の幸福を探すことを恐れない、希望と力に満ちた若者たちが必要とされています。

 献身することに魅かれ、マザー・テレサの言っていたような痛みを感じるまでの犠牲と愛を捧げられる若者たちを、世界は必要としています。これはとても高い目標ですが、ドン・ボスコが若者たちに求めたことなのです。

 若者たちは他の若者をよく理解し、助けることができます。気力がなく、退屈し、夢を失った若者、何かに夢中になったことが一度もない若者も大勢います。そういう若者たちは、同じ若者の言葉で人生について真剣に語り合い、生き方や可能性を示してくれる友人を必要としています。

 私は若者たちを信じ、祈り続けます。信仰のうちに歩もうとする若者、模索している若者、道を見失ったと感じている若者たちのために、神はご自分の息子や娘をだれひとりとして、決して見捨てることはありません」(ドン・ボスコの風19号)。

フェルナンデス総長の言葉をもう一度繰り返します。「今日の世界はあなたを必要としています」。

閉じる